住宅ローンを変動金利に借り換えるするメリット

金利の動向を見極めて変動金利に

住宅ローンには変動金利と固定金利があるが、変動金利の場合には金利上昇によって返済額が増えるというリスクがあるため、固定金利を選ぶ人も多いのではないだろうか。

しかし、金利の下降などで変動金利の方がかなり低金利になっている場合には、固定金利から変動金利に借り換えるという判断も悪くはないだろう。

住宅ローンを変動金利に借り換えるメリットは、やはり低金利による負担減だ。 金利によって、返済額には大きな差が生じてくるからだ。 特に借入額が大きければ大きいほど、住宅ローンを変動金利に借り換えるメリットは大きくなるだろう。 固定金利で払い続けていくのと、今変動金利に借り換えるのとでは、月々の返済額が数万円違ってくる・・というケースも少なくない。

そんな場合には、固定金利から変動金利に借り換えて、少し負担を減らし、その分を貯めて繰り上げ返済するというのもアリだ。

実際に変動金利の低金利のメリットを享受して、繰り上げ返済しているという人も少なくない。 そういうことも考えて、繰り上げ返済手数料が無料とか、繰り上げ返済の単位がそれほど大きくないところを選んでおくことも大事だろう。

金利負担を上手く自分でコントロールしていくことが、賢い住宅ローン返済に繋がるのではないか。

 

 

住宅ローン借り換えのおすすめサイト

新生銀行住宅ローン借り換えデメリットは?【金利・審査の落とし穴】
新生銀行の住宅ローン借り換えについて、金利や審査を研究しそのメリットとデメリットをご紹介しています。住宅ローン借り換えの有力な候補である新生銀行について徹底的に研究しています。
www.ginkou-jutakuloan-karikae.com/

Copyright (C) 住宅ローン変動金利型への借り換えガイド All Rights Reserved