ローンを借り換えて繰り上げ返済

繰り上げ返済しやすい住宅ローンを選ぶ

住宅ローンの借り換えで一番注目するのは、やはり金利でしょうね。 金利が1%以上違うと、支払総額は400〜500万円も差が出るということだから、低金利のものに借り換えることで負担はかなり減らせますよね。

新生銀行住宅ローン借り換えで金利負担が減らせれば、月々の返済額にも余裕ができて、繰り上げ返済だってできるかもしれないし・・。 繰り上げ返済ということになると気になるのは、幾らから繰り上げ返済できるのか、繰り上げ返済手数料は幾らなのか・・ということですね。

ローンを借り換えて繰り上げ返済・・という可能性も頭に入れて住宅ローンを選ぶなら、繰り上げ返済の最低額や返済手数料の情報もしっかり収集してベストな住宅ローン選びをしないとね。

繰り上げローンの最低額が100万だったりすると、繰り上げ返済も難しくなるし、少しずつでも元金を減らして金利負担を軽減させたいなら、繰り上げ返済の単位が小さく、手数料0の銀行の住宅ローンを選ぶべきでしょう。 繰り上げ返済するかしないかでも、支払総額っていうのは大きく違ってくると思うし・・。

住宅ローンを選ぶ時には、低金利の住宅ローンを選ぶのはもちろんのこと、繰り上げ返済する場合のこともよく考えて、繰り上げ返済しやすい住宅ローン選びも検討しないとね。

Copyright (C) 住宅ローン変動金利型への借り換えガイド All Rights Reserved